骨董品

古陶器

古陶器

「買豊堂」では古陶器を高価買取中です。

自宅に眠っている古陶器は是非お売りください!出張買取、店頭買取、全国対応の宅配買取で対応いたします。

古陶器について

古陶器とは近代になる以前の17世紀以降、室町時代から江戸時代にかけて製造されたものを中心とします。
古伊万里や古九谷、鍋島焼や柿右衛門などがその代表例です。
古陶器かの判別は、年代ごとに異なる製法や絵付けの手法等で専門家により判断されます。

古陶器の需要とトレンド

需要の高いモノほど、買取りで高額査定される可能性有り!

古陶器と呼ばれるものには、六古窯から李朝、古伊万里や鍋島に柿右衛門、古九谷に古丹波、古三田焼など様々なものがあります。


古陶器とその価値について知るには、陶磁器の歴史を紐解いていくと分かりやすいかもしれません。
陶器は日本伝統の器と思っている方もいると思いますが、もともとは朝鮮から伝えられたものです。


わが国で初めて陶器が作られたのは17世紀のことと言われ、現在の佐賀県有田で始まっています。
有田焼は現在でも有名ですが、日常でも使えるリーズナブルなものも多く出回っています。
ですが、歴史の古いものは古陶器として破格の価値が付くものも少なくありません。


特に有田で造られたものは、時代や製法、絵付けの手法などにより呼ばれ方も異なります。
どうして古陶器だと分かるのかといえば、専門家はこうした時代ごとに特徴がある手法などを頼りに見分けているためです。


有田で製造された陶磁器は、積出港の地名から伊万里焼とも呼ばれます。
1600年代初期のものを初期伊万里といい、白磁に青一色で模様を付す染付磁器となっています。
1640年代に色絵磁器の大皿などが盛んに生産されるようになり、これを古九谷と呼んでいます。
同時期には1640年頃は、佐賀を統治していた鍋島藩が将軍家や大名などに献上したり贈答するための、高級陶磁器が製造されるようになりました。
そのための窯を藩で持ったことから、これは鍋島焼と呼ばれます。


1670年代になると、濁手の白磁に美しい色絵を描いた陶器が生産されるようになり、これは柿右衛門と呼ばれます。
さらに1690年代になると、素地に赤や金などの豪華な絵柄を付けた陶器が作られ、ヨーロッパなどに輸出されました。
これを古伊万里金襴手とよんでいます。


専門家でないと、この見極めは難しいため、安易に個人でオークションで売るのではなく、専門スタッフが多数在籍する買豊堂にご依頼するのがおすすめです。

アイテムの種類

日本陶磁器⇒ ・丹波焼 ・備前焼 ・唐津焼 ・有田焼(伊万里焼) ・砥部焼 ・信楽焼(古信楽) ・九谷焼 ・姫谷焼
朝鮮陶磁器⇒ ・刷毛目鉄絵 ・刷毛目掻き落とし ・白黒象嵌 ・粉引 ・黒高麗 ・白磁
中国陶磁器⇒ ・青磁 ・白磁 ・唐三彩 ・天目 ・五彩 ・釉裏紅 ・粉彩

古陶器の買取りスタッフ目線

+査定

・キズがなく、状態が良好な場合は査定アップ
・保管状況が良好な場合は査定アップ

-査定

・目立つキズや汚れがあると査定がダウンします。

古陶器の種類

※上記以外のメーカーも高価買取中です。

お気軽にお問い合わせください!
24時間365日受付中!!無料査定フォームはコチラ
0120-34-1515 年中無休!お気軽にお電話ください。営業時間:8:00〜20:00

張対応エリアのご案内

出張費無料!!

その場で即現金お支払い可能!!!!

奈良県

安堵町 斑鳩町 三郷町 平群町 生駒市 曽爾村 御杖村 宇陀市 橿原市 香芝市 葛城市 王寺町 河合町 上牧町 広陵町 五條市 御所市 桜井市 川西町 田原本町 三宅町 明日香村 高取町 天理市 奈良市 大和郡山市 大和高田市 山添村 大淀町 上北山村 川上村 黒滝村 下市町 下北山村 天川村 十津川村 野迫川村 東吉野村 吉野

大阪府

池田市 泉大津市 泉佐野市 和泉市 茨木市 大阪狭山市 大阪市 貝塚市 柏原市 交野市 門真市 河内長野市 岸和田市 堺市 四條畷市 吹田市 摂津市 熊取町 泉南市 田尻町 岬町 忠岡町 高石市 高槻市 大東市 豊中市 豊能町 能勢町 富田林市 寝屋川市 羽曳野市 阪南市 東大阪市 枚方市 藤井寺市 松原市 島本町 河南町 太子町 千早赤阪村 箕面市 守口市 八尾市

京都府

綾部市 宇治市 大山崎町 亀岡市 木津川市 京田辺市 京丹後市 京都市 久御山町 城陽市 笠置町 精華町 南山城村 和束町 井手町 宇治田原町 長岡京市 南丹市 福知山市 京丹波町 舞鶴市 宮津市 向日市 八幡市 伊根町 与謝野町